ラキール「ホワイト企業認定」においてゴールドランクを取得

0
484
ラキール「ホワイト企業認定」においてゴールドランクを取得のメイン画像

サステナブル経営を推進し、「ワークライフバランス」「健康経営」「ビジネスモデル」では最高水準の評価を獲得

株式会社ラキール(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「ラキール」)は、一般財団法人日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)が運営する、企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の民間認定制度「ホワイト企業認定」において、ゴールドランクを取得したことをお知らせいたします。

 

ラキール「ホワイト企業認定」においてゴールドランクを取得のサブ画像1

認定取得にあたり、「労働法遵守」、「人材育成・働きがい」、「ダイバーシティ&インクルージョン」、「リスクマネジメント」など7項目70問の設問に回答し、総合評価が75%以上であったため、ゴールドランクでの認定となりました。また、「ワークライフバランス」、「健康経営」、「ビジネスモデル」の項目においては、90%以上の点数を獲得し、ゴールドランク認定基準を大きく上回る結果でした。

ラキールは2021年にシルバーランクにてホワイト企業認定を取得しており、この度のホワイト企業認定は2年連続2度目、昨年よりランクアップした上での認定となります。
 

  • ラキールの取り組み

ラキールはサステナブル経営の実現を目指し、SDGsで掲げている「8働きがいも経済成長も」といったグローバル目標にも取り組んでいます。IT業界は一般的に厳しい職場環境だとイメージされることもある中で、ラキールはワークライフバランスの充実に向け、フレックスタイム制の導入はもちろん、在宅勤務制度も取り入れるなど、比較的自由な勤務体系を認めることでより柔軟な働き方ができる職場環境を社員に提供しています。
近年の事業拡大に伴い、新卒採用を積極的に取り組んだ結果、20代社員の割合が多くなってきており、これから結婚、出産などのライフステージを迎える社員も増えてきています。そうした状況の中で、社員が長く安心して働ける環境づくりを整えてきました。
仕事と育児の両立を支援するために、女性社員に限らず男性社員も利用できる法定以上の充実した出産育児支援制度は、ホワイト企業アワードで受賞された自慢の制度です。
平均残業時間は15時間程度。有給取得率も非常に高く、メリハリをつけて仕事をしている社員も多く、風通しのよい職場環境はラキールの大きな魅力となっています。
 

  • 働きやすい制度について

ラキール「ホワイト企業認定」においてゴールドランクを取得のサブ画像2

【出産育児支援制度】

・職場復帰ボーナス(産休育休から復帰時にボーナスを支給)
・妊娠判明から休業可能
・子の看護有給休暇(子供一人につき5日有給で付与)
・育児休業(3歳到達後の3月末まで可能)
・残業、深夜勤務免除(小学校卒業まで可能)
・時短勤務、時差通勤(小学校卒業まで可能)

妊娠判明時から子どもが小学校を卒業するまで約13年間にわたり、社員それぞれの育児の状況に応じたきめ細かい段階的なサポートを実施しています。

【ヘルスケア支援】

・1泊2日の人間ドッグが無料(35歳以上の社員が対象)
・女性社員は婦人科検診が無料(子宮頸がん・乳がん検査)
・発症リスクが高まる年齢に応じて脳MRI、肺CT、大腸内視鏡検査が無料
・婦人科検診、胃がんリスク検査、歯科検診などは、従業員だけでなく扶養家族も無料
 

  • 更なるホワイト化に向けて

現在ラキールでは、出産育児支援はもちろん、社員の健康促進や人材育成に向けた支援制度にも力を入れており、誰もが働きやすい職場環境を目指し、更なる福利厚生制度や環境整備の充実を図っております。
また、年齢や男女問わず制度を利用しやすい職場雰囲気を醸成するため、制度の理解や認知拡大を目指し、これまで以上に社内外に情報発信をし、社員一人ひとりが、働きやすさや働きがいを感じ、能力を最大限に発揮できる環境作りに努めていきます。そのような取り組みを継続することで、IT業界全体の働く環境が改善し、IT人材不足の解消に貢献していきたいと考えております。
 

  • ホワイト企業認定について

ホワイト企業認定とは、ホワイト財団が“次世代に残すべき素晴らしい企業”を「ビジネスモデル/生産性」「ダイバーシティ&インクルージョン」「ワークライフバランス」「健康経営」「人材育成/働きがい」「リスクマネジメント」「労働法遵守」の7つの指標から総合的かつ客観的に評価する国内唯一の民間認定制度で、企業がホワイト化に向けて取り組むべき70項目の実施有無を確認し、各ランクの認定基準に基づき認定を付与しています。

ホワイト財団ホームページ https://jws-japan.or.jp/
 

  • 株式会社ラキールについて

2005年6月10日設立(旧株式会社レジェンド・アプリケーションズ)。2012年8月より独自のプロダクトブランドLakeel(ラキール)シリーズの提供を開始。クラウド基盤を中心に、コマース・人事・会計・データアナリティクス・メッセージングなど、先進的なアーキテクチャと深い業務理解を基に構築された様々なプロダクトを展開しています。2021年7月東京証券取引所マザーズ(現東京証券取引所グロース市場)に上場。ビジネスのコアに変革をもたらすプロダクトを提供し続け、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援しています。
 

商号 株式会社ラキール
創立 2005年6月
代表者 代表取締役社長 久保 努
資本金 1,011,888,855円(2021年12月31日現在)
所在地 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー33階
事業内容 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するプロダクトサービスと
プロフェッショナルサービスを提供
従業員数 単体:389名 連結:456名(2022年4月1日現在)
企業URL https://www.lakeel.com/
Facebook https://www.facebook.com/LaKeel.official

* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

■本件に関するお問合せ先
株式会社ラキール
IR・広報・マーケティング室
TEL:03-6441-3859
Email:[email protected]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください