森ビル 虎ノ門・麻布台プロジェクト向け 水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®(エコス)」の生産と納入を開始

~プロジェクト約35万平米を受注、2023年竣工予定~

 住江織物株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:永田 鉄平)のグループ会社である株式会社スミノエと住江テクノ株式会社(以下、住江テクノ)が、虎ノ門・麻布台プロジェクトにおける約35万平米(*1)の水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®(エコス)」について生産、2022年7月に納入開始しましたので、お知らせします。

 「ECOS®」は、これまで廃棄しかできなかった使用済みタイルカーペットを再び資源に変え、新たなタイルカーペット「ECOS®」として生まれ変わらせる2011年に発売した水平循環型リサイクルタイルカーペットです。

 当社は、1980年(昭和55年)に日本で初めてタイルカーペットの生産を開始しました。こだわりの「モノづくり」から、再生材とする廃タイルカーペットは日本製に限定し、住江テクノの専用製造ラインで加工することにより安定した価格と供給量を維持できる体制を構築しています。また、安定した品質を確保しつつ、再生材比率は71%(*2)(製品重量比)と業界トップクラスとなる高いリサイクル率も実現。発売から11年経った今日も着実に実績を積み重ね、今後の進展も期待できると高い評価を受けています。
 当社の「ECOS®」を使用していただくことで、これまで産業廃棄物として処分していた廃タイルカーペットを再資源化することができるだけでなく、安定した品質と価格により資源循環型の都市形成において新たなイノベーションをも創出することが可能となりました。

 当社グループはこれからも、テキスタイルメーカーとして、環境配慮とデザイン性を兼ね備えた最先端の空間づくりに挑戦し続けていきます。

(*1) 東京ドーム約7.5個分
(*2) ECOS LXシリーズ
 

森ビル 虎ノ門・麻布台プロジェクト向け 水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®(エコス)」の生産と納入を開始のサブ画像1

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事