バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!

商船三井社員と小中学生アンバサダーが登壇し、海運業の魅力や環境の大切さを伝える職業体験イベントを8月18日(水)午前10時からオンライン開催!

子どもの体験型キャリア教育およびビジネス教育事業を推進している株式会社バリューズフュージョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内 慶太、以下バリューズフュージョン)は、株式会社商船三井(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本 剛、以下商船三井)と共催で、商船三井社員と小中学生のアンバサダーが登壇し、海運業の魅力や環境の大切さを、同世代の小中学生に向けて伝える職業体験イベントを2021年8月18日(水)午前10時よりオンライン開催いたします。

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像1

バリューズフュージョンでは、今後も企業と子どもたちが協同で、働く楽しさやよろこびを伝えていく職業体験イベントを企画・プロデュースしていく予定で、今回はその第1弾となります。なお、SDGsやESGの観点から、このような職業体験イベントの開催にご関心のある企業さまに対する各種コンサルティングや、ゼロベースからの企画立案、運営サポートも行っております。詳しくは以下までお問い合わせください。

https://valuesfusion.jp/contact

<イベント概要>

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像2

商船三井と小中学生のコラボによる職業体験オンラインイベントで、「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜をテーマに、海運業の仕事内容や安全な運航のための取り組み、環境に対するアクションを学びます。その他、商船三井に関するクイズや、環境に優しい船を考える企画などを準備しています。海運業の魅力を知るとともに、未来に対して必要なアクションを、次世代を担う多くの小中学生の皆さんと学べる職業体験イベントです。

●イベント名
商船三井「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜」オンライン職業体験

●日時 
2021年8月18日(水)10:00~11:10 

●開催環境
オンライン環境(日本全国・海外からも参加可能)で、WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します(ツール利用は無料)。
*初めてZoomをご利用の場合、アプリのインストールが必要になります。

●イベント内容 
10:00   開会挨拶

10:10   商船三井はどんな仕事をしてるの?
            ・商船三井クイズ!
            ・海運業の仕事について 

10:30    安全に運航するための大事なこと!
           ・船乗りの仕事について 
           ・24時間365日の支援体制
           ・世界最高水準の安全運航の実現を目指して

10:45    青い海から豊かな未来をひらこう!
            ・商船三井の環境に優しい船の取組  
            ・「環境に優しい船の絵」を発表!
            ・みんなで地球環境と豊かな未来をひらこう!

11:00    参加特典プレゼントご案内/アンケートフォーム打ち込み

11:10   イベント終了

*イベント時間は目安であり、進捗によって多少前後する場合があります。

●参加対象
小学1年生〜中学3年生

●参加費
無料

●特別参加企画「みんなで考える環境に優しい船」も大募集!

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像3

イベント中に小中学生が考える環境に優しい船について発表する時間を予定しています。「環境に優しい船の絵」を考えて絵に書いていただけた方は、当日オンライン上で紹介する時間を予定しています。

 

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像4

商船三井では、環境に優しい船と運航の在り方を日々考えて行動をしています。海運事業の未来をつくるために大型貨物船に帆を搭載し、地球環境に優しい船をつくる「ウインドチャレンジャープロジェクト」、洋上から陸上へ電力を供給する世界初の挑戦「LNG発電船プロジェクト」に挑んでいます。「環境に優しい船の絵」を考える参考として、以下サイトもご覧ください。https://mol.disclosure.site/ja/themes/102

●持ち物
・筆記用具、ノート

●イベントURL/申し込み方法
以下サイトより申し込みいただけます。
https://shokugyotaiken.com/event/20
【このイベントを予約する】→【新規アカウントを登録する】→【アカウント作成】【体験予約の決済】(今回のイベントは無料につき費用はかかりません。)

●共催
株式会社商船三井

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像5

株式会社バリューズフュージョン

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像6

いぶりゅう学園

<メイン登壇者>
株式会社商船三井 
松下尚美氏(船長) / 松井 亜友氏 / 飛田 真澄氏  

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像7

商船三井小中学生アンバサダー

「いぶりゅう学園」
萩原 一颯さん  (中学1年生) / 萩原 竜誠さん  (小学5年生)

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像8

群馬県在住の兄弟。弟の竜誠さんはバリューズフュージョンが主催する、小中学生の社会課題解決のプレゼン大会「スタートアップJr.アワード2020」決勝大会においてファイナリストとして出場。「波力発電」をテーマとしたプレゼンで審査員から高評価を得る。幼少期から海や魚に関心があり、独自の探究学習を行いながら、東京大学生産技術研究所からも特別に指導を受ける。二人の名前から名付けた「いぶりゅう学園」を主宰し、鈴木香里武氏(タレント・岸壁幼魚採集家)を招いたオンラインイベントなども開催。
今回、このイベントの小中学生アンバサダーとして就任するにあたり、商船三井チームより海運業や渡航に関するさまざまなレクチャーを受講し、海運業の魅力をアピールする。

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像9

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像10

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像11

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像12

<参加特典>

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像13

・商船三井オリジナルファイル
・船が作れるペーパークラフト
・蛍光ペン
・エコバッグ
・ウェットティッシュなど

※参加特典は一部変更する場合もあります。
※イベント終了後のアンケートフォームにて郵送のご案内をさせていただきます。

<『職業体験ドットコム』について>

バリューズフュージョン、商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!のサブ画像14

『職業体験ドットコム』は「はたらくたのしさを子どもたちへ。」をコンセプトに、小中学生がさまざまな企業・団体のリアルな職業体験を通じて社会のしくみを学んだり、働くことの楽しさや喜びを見出してもらい、将来に向けた職業観やキャリア形成につなげることを目的として、子どもたち、保護者、企業のより良い未来づくりに貢献するサービスです。
『職業体験ドットコム』

公式サイト: https://shokugyotaiken.com 

<バリューズフュージョン会社概要>
・会社名:株式会社Values Fusion (バリューズフュージョン)
・代表者:代表取締役社長 竹内慶太
・所在地:東京都渋谷区神宮前4-13-8
・設立:令和元年5月7日
・事業内容:体験型キャリア教育事業/ESGの「S」取組支援事業
・ URL:https://valuesfusion.jp

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事