おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープン

おにぎりの写真投稿で、国内のお米消費拡大への貢献も

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(以下、TFT)は、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、「おにぎりアクション2022」を実施します。その特設サイトを9月1日に開設しました。(URL https://onigiri-action.com/ )

おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープンのサブ画像1

本アクションは、おにぎりにまつわる写真に#OnigiriActionを付けてSNS(Facebook, Instagram, Twitter)または特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食(100円)が届く取り組みです。2021年までの7年間の開催で、累計約125万枚の写真が投稿され、約680万食の給食を届けています。(昨年は1日平均8,500枚の投稿がありました。)

■開催期間:2022年10月6日(木)~11月6日(日)
■特設サイト:https://onigiri-action.com/ (9月1日オープン)

食料安全保障への不安とともに見直される米食。昨年は約59tの米消費に貢献


新型コロナウイルス感染症、気候変動、ウクライナ侵攻などにより世界的な食料価格高騰が起こる中、SDGsのゴールの一つ「飢餓をゼロに」は解決遅延が懸念されています。日本においても食料品値上げが相次ぎ、生活者の間に不安が広がっています。家計への負担や輸入に頼る日本のフードシステムへの疑問から、米食の価値見直し・推進の動きが見られます。おにぎりの写真投稿を呼びかけるおにぎりアクションは米消費促進につながり、昨年のキャンペーン実施における推定米消費量は59tでした。(※投稿写真に写り込んだおにぎりの個数より算出した推定値)

 

おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープンのサブ画像2_2021年のご参加者の写真2021年のご参加者の写真

8年目の取り組みとして、自産自消の「TFTファーム」を開始 


8年目となる今年、気軽なアクションから一歩踏み出し、食料問題の本質に迫る取り組みとして、自分たちの手で野菜を育てる「TFTファーム」(千葉県市川市)を立ち上げました。廃棄苗の栽培や自産自消を実践する様子を発信することで、おにぎりアクション参加者へ、食べることの本質やフードシステムの在り方について考えるきっかけを創出します。 

おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープンのサブ画像3_TFTファームの様子や収穫された夏野菜TFTファームの様子や収穫された夏野菜

厳しい社会情勢の中でも過去最大の35の協賛企業・団体が参加 


今年の協賛企業・団体は、5年連続トップスポンサーを務める日産セレナを筆頭に過去最高の35となりました。多様性に富む協賛企業・団体とともに「おにぎりアクション2022」を盛り上げて参ります。 

おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープンのサブ画像4_おにぎりアクション2022協賛企業・団体おにぎりアクション2022協賛企業・団体

トップスポンサー:日産セレナ 
オフィシャルパートナー:オイシックス・ラ・大地 
コーポレートパートナー:日本水産、旭化成ホームプロダクツ、たまごクラブひよこクラブ、井村屋グループ、ニコニコのり、ゼンショー従業員組合会ZEAN 
自治体パートナー:福井県「いちほまれ」、宮城米マーケティング推進機構 
サポーティングパートナー:東京エレクトロン、丸紅、象印マホービン、アサヒパック、新和工業、東三温室園芸農業協同組合、三菱ケミカルグループ、花王ハートポケット俱楽部、日本ガイシ、ますやみそ、サンゲツ、ニッコクトラスト、豊田通商、三菱重工業、双日、住友ファーマ、GMOインターネットグループ、丸東、LEOC、住友電気工業、システム情報、Mother、福井県あわら市、フーディーテーブル、デリッシュキッチン 

おにぎりアクションについて https://onigiri-action.com/
おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、「おにぎり」の写真をSNS(Facebook, Instagram, Twitter)、またはおにぎりアクションの特設サイトに投稿すると、1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、アフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みです。 

おにぎりを食べて、世界の子どもに学校給食を届けよう!「おにぎりアクション2022」特設サイトがオープンのサブ画像5_おにぎりアクションのしくみおにぎりアクションのしくみ

TFTの各種公式SNSでは、さまざまな人達のおにぎり写真や動画、そして本アクションに関連する情報を発信し、キャンペーンを盛り上げてまいります。

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalについてhttps://jp.tablefor2.org/
2007年10月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトのもと、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントすることができます。企業や官公庁、大学、病院など約700団体にご参加いただき、東アフリカと東南アジアの5カ国(ケニア 、タンザニア、ルワンダ、ウガンダ、フィリピン)を中心に、学校給食の提供、そして菜園・生産性向上プログラムの支援を実施しています。累計支援給食数は9,000万食にのぼります。​

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事