「sitateru CLOUD」に北高が出店し、生地・附属管理購入機能においてプリント生地の取扱いが大幅に増加

衣服・ライフスタイル産業の社会課題解決に取り組むシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下、シタテル)は、衣服・ライフスタイル産業のサプライチェーンを変革する「sitateru CLOUD」の「生地・附属管理購入機能」において、北高株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:高山茂也、以下、北高)が新規出店し、プリント生地の取扱い量が大幅に増加したことをお知らせいたします。

 

 

「sitateru CLOUD」に北高が出店し、生地・附属管理購入機能においてプリント生地の取扱いが大幅に増加のサブ画像1

 

  • 北高とは

コットンなど天然素材を中心にオリジナルプリント生地を数多く取り扱う、生地メーカーです。シーズンごとに、オリジナル生地を発表し、東京と大阪にあるショールームには常時1,000柄以上の商品が展示されています。在庫も多く取り揃えているため、注文後、迅速な取引が可能です。

取り扱い素材詳細はこちら▼
https://sitateru.com/market/materials/?page=1&limit=50&item_title=&item_number=&dimension1=&dimension2=&owner_id=1044&wished_by=&watched_by=&setting_sort=2
 

  • 連携の背景

同社は毎年フランスのパリで開催される、世界最高峰の生地見本市Premiere Visionをはじめ、アメリカや中国など、ファッション業界のトレンドに大きな影響を及ぼすとされている生地見本市への出展を行っています。そのため、同社で企画、生産されたプリント生地は日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカ、中東、アジアなど世界各国で利用されています。

「sitateru CLOUD」をご利用いただいているブランドやユーザーからは、イメージしているアイテムを生産するために、複数のプリント生地から選び、少量からでも購入できるようにしてほしい、というご要望を多くいただき、この度「生地・附属管理購入機能(※)」に北高の出店が実現しました。

※生地・附属管理購入機能とは
「sitateru CLOUD」上で生地・附属品の在庫確認・購入ができる機能です。最小ロットも通常より少量で設定されており、中小ブランドでも必要な量だけ、購入することが可能です。

【シタテル株式会社について】
クラウドサービス「sitateru CLOUD」を中心に、衣服およびライフスタイル製品生産のプラットフォームサービスを提供。生活者のライフスタイルの急速な変化に伴う課題や環境問題に対し、衣服を中心に「ひと・しくみ・テクノロジー」により形成された、新しいプラットフォームを構築している。アパレル産業のサプライチェーンに関わる全ての人々が、場所に依存することなく、円滑にコミュニケーションを取り、スムーズに事業を行える環境を提供。

シタテルのプラットフォームを通じて、これまで極めて閉鎖的だった業界をオープンにすることを掲げている。また、長きに渡りアパレル産業の課題とされている環境問題についても、受注生産販売型の仕組みを通じ、広くアパレル事業者全般を支援する。その基盤となるシタテルのサプライチェーンネットワークには、現在国内を中心とした約1,700社の縫製工場・生地メーカー等と連携、約22,700社のブランドや企業が登録している。(2022年3月時点)

<提供サービスサイト>
・sitateru CLOUD https://sitateru.com/
・ユニフォーム https://cstm.sitateru.com/

■会社概要
会社名:シタテル株式会社
代表取締役:河野 秀和
事業内容:クラウドサービスを中心とした衣服生産のプラットフォーム事業の運営
資本金:364,999,175円
従業員数:76名(2022年3月時点)
設立:2014年3 月   
本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2F
東京支社:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目2-11 ザ・パークレックス虎ノ門2F
HP:https://sitateru.co.jp/
 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事