ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!

ゴミは廃棄物じゃなく僕たちの大切な資源!
楽しく、仲良く、皆で学んでいこう――。
循環型社会において、新しいゴミ収集業を目指す株式会社タイヨー(代表取締役:元山琢然)では、創業70周年を迎えた様々な取組の一貫として、自社製ウェブメディア『AMIGO』を開設しました。

ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!のサブ画像1

株式会社タイヨーは、昭和21年に設立した広島の廃棄物収集・運搬業者。

近年はリサイクル業務をはじめ、スタッフの労働環境改善にも力を入れ、施設内に保育所を完備したり、休憩所のリニューアルをはかるなど、様々な取組に注力して参りました。

その結果、女性スタッフの割合も4割を超え、就業率も堅調に推移しています。

そこで弊社では、さらなる業務環境と意識の向上を目指して『ゴミと仲良くなるWEBマガジン~AMIGO』をオープンしました。

ゴミは捨てるだけの廃棄物ではない。
リサイクルできる大切な資源――。

そんなテーマのもと、タイヨーだからこそできる、各種のニュース情報や企画記事を作成。例えば以下のようなコンテンツをご用意しております。
 

 

【コラム】マシンガンズ滝沢の勝手にマニフェスト~私だったらゴミ行政をこうする!
【連載】洋服レンタルサービス 実際に利用してみた!vol.1「Rcawaii」
【ニュース】24時間OKの生ゴミ回収箱「i-BOX」が千葉県市川市に設置される
【連載】本日のお宝・変なゴミ鑑定団vol.1 チューピー君とかイノシシとか
【ニュース】今後は観光スポットにもなる?ゼロ・ウェイスト宣言5つの自治体に注目
 

ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!のサブ画像2

 

ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!のサブ画像3_コンテンツはインスタなどでも同時並行で更新!コンテンツはインスタなどでも同時並行で更新!

 

 

ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!のサブ画像4

日本の最終処分場は約20年で全て埋まってしまう――そんな試算が環境省で公表されておりますが、この度オープンした『AMIGO』が文字通り「友達」となり、皆さま一人一人がリサイクル意識を持っていただければ、廃棄物の環境も好転するはず。

そのための一助となれば本望という気持ちで取り組んで参ります。

メディア各社の皆様には、是非この機会に今回の取り組みについて御取材いただきますよう、宜しくお願い致します。
 

ゴミ収集事業者が本気で作るウェブメディア『AMIGO~ゴミと仲良くなるWEBマガジン』をオープンしました!のサブ画像5

【会社概要】
会社名/株式会社タイヨー
設立/昭和21年(1946)
代表取締役/元山 琢然
資本金/4300万円
従業員数/85人
本社所在地/〒736-0082
広島市安芸区船越南5丁目11-1
事業内容/一般廃棄物の収集運搬
産業廃棄物の収集・運搬・処分
各種リサイクル処理

■この件についてのお問い合わせ先
株式会社タイヨー「AMIGO担当」
電話082-824-0110(月曜~土曜日 午前8時~午後7時)
e-mail:[email protected]

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事