スターチャイルド初!太陽光パネル設置保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」2021年7月1日より自家発電をスタートし、“サステナ育”も

0
599
スターチャイルド初!太陽光パネル設置保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」2021年7月1日より自家発電をスタートし、“サステナ育”ものメイン画像
保育事業を展開するヒューマンスターチャイルド株式会社(本社:横浜市、代表取締役:川下 裕左、以下「当社」)はこのほど、2021年4月1日に開園したスターチャイルド≪和田町ナーサリー≫(横浜市保土ヶ谷区)にて、初の太陽光パネルを設置した認可保育所をオープンしました。太陽光パネルを使った自家発電については2021年7月1日からスタート予定になります。

【本件のポイント】

  • 太陽光パネルを設置することで電気使用量の約42%を自家発電し、CO2の排出量を削減する(当社同規模施設との比較)
  • 災害などにより停電が発生した場合、非常用コンセントとして使用でき、利用者様により安心を提供する

■本件の概要 
当社は2004年から保育事業を展開し、2021年5月現在、横浜市、川崎市、さいたま市の各エリアで27園の認可保育所を運営しております。このたび、スターチャイルドで初めて太陽光パネルを設置した認可保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」をオープンし、自家発電を開始いたします。
当社の同規模の保育所で使用していた電気量でシュミレーションすると、ひと月で1469kWh使用していた電気量を842kWh程度に抑え、約42%の電気量を太陽光パネルで発電した電気で賄える形となり、CO2の排出量を削減します。
また、災害などにより停電が発生した場合、非常コンセントとして使用可能なため、保育所にいるお子様および、職員の安全の確保、ならびにお子様を預ける保護者様の安心に繋がると考えております。
当社は今後も太陽光パネルの設置をはじめとしたサステナブルな取り組みを促進し、こどもたちへSDGsやサステナビリティについての学び“サステナ育”の機会を増やし、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。
 

スターチャイルド初!太陽光パネル設置保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」2021年7月1日より自家発電をスタートし、“サステナ育”ものサブ画像1

スターチャイルド初!太陽光パネル設置保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」2021年7月1日より自家発電をスタートし、“サステナ育”ものサブ画像2

 

 

※和田町ナーサリー太陽光パネル写真

■施設概要
スターチャイルド≪和田町ナーサリー≫
住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向町119
アクセス:相模鉄道本線 和田町駅 徒歩4分
定員:60名
受入年齢:0歳~5歳
開所時間:平 日 7:00~20:00 土曜日 7:00~18:00
●スターチャイルド≪和田町ナーサリー≫の詳細ページ:https://www.starchild.jp/nursery/wadamachi/

■サステナビリティへの取り組み
当社では2021年度より「子育てと豊かな社会づくりの星になる。」をスローガンに掲げ、子どもたち、子育てに関わる保護者、保育スタッフまで、子育てに関わるすべての人が「自分らしく生きられる」豊かな社会づくりを目指しています。こうした社会の実現は、いま世界全体で達成すべき目標として掲げられた「SDGs」の目標3「すべての人に健康と福祉を」の実現に貢献すると考えています。当社は目標3への貢献を軸に、「保育サービスの提供」「教育内容の質向上」「地域社会への貢献」の3つの側面からSDGsの達成に貢献し、社会と共にサステナブルな成長を目指します。
●ヒューマンスターチャイルドのサステナビリティへの取り組みについて:https://www.starchild.jp/csr/

■「ヒューマンスターチャイルド」とは
2004年に横浜市青葉区で認可保育所「スターチャイルド 江田ナーサリー」を開園したのを皮切りに、「スターチャイルド」のブランドで、保育所の需要が大きい横浜市、川崎市、さいたま市の3市で認可保育所27園を運営するほか、首都圏エリアで事業所内保育所5園を受託運営しています(2021年4月1日現在)。デザイン性の高い施設や食材にこだわった給食など、安全で工夫を凝らした保育環境が特長です。また、グループ会社「ヒューマンアカデミー」のノウハウを結集した独自研修プログラムなど、保育士の研修や保育研究にも力を入れ、品質の高い保育サービスを目指しています。
●ヒューマンスターチャイルドWEBサイト:https://www.starchild.jp/

■ヒューマングループについて

スターチャイルド初!太陽光パネル設置保育所「スターチャイルド 和田町ナーサリー」2021年7月1日より自家発電をスタートし、“サステナ育”ものサブ画像3

ヒューマングループは、教育事業を中核に、人材、介護、保育、美容、スポーツ、ITと多岐にわたる事業を展開しています。1985年の創業以来「為世為人(いせいいじん)」を経営理念に掲げ、教育格差、労働力不足、高齢化社会、待機児童問題など、時代とともに変化するさまざまな社会課題の解決に取り組み、独自のビジネスモデルを展開してきました。
人と社会に向き合い続けてきたヒューマングループは、いま世界全体で達成すべき目標として掲げられたSDGs(持続可能な開発目標)にも積極的に取り組んでいきます。
SDGsへの貢献を通じて、「為世為人」の実現を加速させ、より良い社会づくりに貢献していきます。
●ヒューマンホールディングスWEBサイト:https://www.athuman.com/
ヒューマンスターチャイルド株式会社 会社概要
●代表者:代表取締役 川下 裕左
●所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-29-1第6安田ビル5階
●設立:1994年6月 
●資本金:9,000万円
●URL:https://www.starchild.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください