【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせ

0
330
【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのメイン画像

株式会社トモズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:德廣英之)は、第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田勝彦)が主催し、テラサイクルジャパン合同会社(本社:神奈川県横浜市、アジア太平洋統括責任者:エリック・カワバタ、以下、テラサイクル)と共同で、横浜市にて10月20日(木)より開始した日本初*1となる使用済み「おくすりシート(PTPシート*2)」の生活者参加型リサイクルプログラムの実証実験に参画し、トモズカトレヤプラザ伊勢佐木店でのリサイクルを開始しました。

【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのサブ画像1

PTPシートの国内総生産量は毎年13,000トン*3以上にのぼり、高齢化に伴い年々増加傾向にあります。このPTPシートは、プラスチックとアルミニウムに分離・リサイクルすることで資源として再利用すること可能です。

生活者参加型の本プログラムでは、「SDGs未来都市」として先導的な取り組みを行う横浜市の、トモズカトレヤプラザ伊勢佐木店を含む、薬局、ドラッグストア、病院、公共施設等に、使用済み「おくすりシート」の回収BOXが設置されます。

この実証実験を通じて、「おくすりシート」がリサイクル資源であることの認知を高め、資源として循環する仕組みの確立に貢献していきます。

【実施概要】
 回収期間:2022年10月20日〜2023年9月30日
 回収対象:使用済み「おくすりシート」(購入店舗やメーカーを問いません。)
 回収場所:横浜市中区の薬局・ドラッグストア、病院、公共施設等
 ※詳細は下記公式ホームページをご確認ください。
 「おくすりシート リサイクルプログラム」公式ホームページ
 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/okusuri-sheet/

【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのサブ画像2

<専用回収BOX:おくすりシートくるりんBOX>

【おくすりシートリサイクルプログラムの仕組み】

回収された「おくすりシート」は、シートのアルミニウムとプラスチックを分離後、各々リサイクル処理され、新たなリサイクル製品として生まれ変わります。

【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのサブ画像3

*1 生活者参加型のリサイクルプログラムとして。テラサイクル調べ。2022年10月20日時点。
*2 PTP(Press Through Pack)シートとは、薬を包装する方法の1つで、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシート状のもの。
*3 富士キメラ総研「2019年 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望」(PTPシート国内市場2018年実績13,400トン)

【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのサブ画像4

【About トモズ】
首都圏を中心に展開する調剤併設を基本としたドラッグストアです。
お客様の健康で豊かな生活に役立つ『かかりつけ薬局』を目指します。

【日本初】「おくすりシートリサイクルプログラム」実証実験への参画のお知らせのサブ画像5

 

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください