アバター警備ロボット「ugo® TSシリーズ」が㈱広島ホームテレビ警備に導入

0
302
アバター警備ロボット「ugo® TSシリーズ」が㈱広島ホームテレビ警備に導入のメイン画像

DX×警備~警備業務の省人化と効率化に貢献~受付就任「いらっしゃいませ」と元気に挨拶

総合ビルサービスの大成株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:加藤 憲司)が提供しているアバター警備ロボット「ugo TSシリーズ(以下「ugo」)※」が、株式会社広島ホームテレビ(本社:広島市中区、代表取締役社長:三吉 吉三)の警備業務を受託している株式会社不二ビルサービス(本社:広島市西区、代表取締役:濵野上 隆志)に2022年11月8日(火)より正式導入されました。

アバター警備ロボット「ugo® TSシリーズ」が㈱広島ホームテレビ警備に導入のサブ画像1

デジタル庁発足によりデジタルトランスフォーメーション(DX)の開発導入が加速する中、DXを通じた人手不足解消の期待が高まっています。
「ugo」は、立哨・巡回などの施設警備を基本業務とし、今回株式会社不二ビルサービスとの共同で警備業界の人手不足および業務効率化を図るため、同ビルに導入する運びとなりました。これにより、警備業務の一部を「ugo」で代行できるようになりました。

【ugo業務内容】

立哨警備・受付

1F入口に立ち、人を検知して「いらっしゃいませ」等の挨拶(発話)を行います。同機体カメラの画角内に人物を検知した際、自動で受付案内が流れる仕組みとなっております。

大成株式会社は今後も機能の向上とアップデートを引き続き行い、警備業務の更なる効率化を図るとともに警備業界の人手不足解決に向けて取り組んでまいります。
 

 

【アバター警備ロボット“ugo TSシリーズ”特徴】

アバター警備ロボット「ugo® TSシリーズ」が㈱広島ホームテレビ警備に導入のサブ画像2

「ugo」の特徴は、2本のアームを備えていること。カメラを使った監視や警備だけでなく、アームを使ってモノをつかむことや、エレベーターの呼び出しができます。そのため、上下階への移動も可能です。声掛けや会話は、防災センター内の警備員が「ugo」を通じて行います。

 

立哨や巡回など、施設警備における基本業務を警備員から警備ロボットに代替することで、省人化によるコスト削減や、人と人との接触機会を減少させ感染症などへの感染リスクを低減します。

【大成株式会社 概要】

所在地 :名古屋市中区栄3-31-12
設 立 :1959年
代 表 :加藤 憲司
URL :https://www.taisei-bm.co.jp/
事業内容:ビルメンテナンス業、警備業、駐車場の管理、建築・土木工事全般に関する請負、労働者派遣事業、太陽光発電事業、建物・公共施設等の運営管理に関する請負ならびにコンサルティング

【株式会社不二ビルサービス 概要】

所在地 :広島市西区楠木町四丁目8番12号
設 立 :1958年
代 表 :濵野上 隆志
URL :https://www.fujibiru.co.jp/
事業内容:ビルメンテンス業・マンション管理業・介護サービス

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください