2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集します

0
357
2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのメイン画像

募集期間2/18(土)~3/3(金)、協力いただいた花材は使い道・その後の活用も全て公開させていただきます

3/6(月)~3/20(月)有楽町マルイ“N・E・Oフェス”期間、株式会社ethica(読み方:エシカ、本社:東京都墨田区、代表取締役CEO:藪中桂佑)は館内のエントランス・各フロアの装飾を行います。装飾は全て「イベントや小売店で廃棄される花」や「市場に出荷しない規格外品」などそのままでは廃棄される草花・材木を使い、植物の大量廃棄を知る機会を創出します。この取り組みに協賛しサポーターとして花材を提供してくださる花農家さん、小売店、ウェディングやホテル事業に取り組んでいる方々を募集いたします。

■『ethical garden プロジェクト「輝けなかった草花たちが、未来を咲かせる春の花園」』とは
有楽町マルイで開催する「N・E・Oフェス~New・Earth・Our あたらしくて、地球にやさしい、わたしたちのフェス~」の一環として『ethical garden プロジェクト「輝けなかった草花たちが、未来を咲かせる春の花園」』が開催されます。有楽町マルイエントランス中央には、巨大なエシカルマウンテンが登場。厳しい冬が終わりを告げ、緑の大地に花が芽吹き春が訪れる様子を表現します。材料は全てエシカルフラワーを使用し、ボリュームディスプレイすることで実は我々の生活の裏側で沢山の植物が廃棄されている現状を来館者の方に知っていただく機会にしたいと考えています。
エシカルマウンテンの中には、蝶やミツバチ、ウサギの生き物も出現し、人間が草花や生き物とともに協奏していく様子を創り上げていきます。幸せの象徴でもある「四葉のクローバー」も潜ませ、それらのモチーフを見つけ出した来館者の方は同館6F「エシカルな暮らしLAB」で特別なギフトをプレゼント。各フロアのエスカレーター脇もエシカルフラワーで多様な装飾を行い「見て、参加して、体験する」ことを通じて楽しくエシカルな取り組みを始める1歩に繋げていきます。

2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのサブ画像1

※集まる花材によって多少変更になる可能性がございます

■​株式会社ethica(エシカ)について

廃棄されてしまう草花をアップサイクルし、エシカルフラワーの制作・販売・卸売かつ、エシカルフラワーを使いイベントや施設の装飾を行っている企業です。エシカルフラワーとは「廃棄されてしまう草花」「市場の規格を満たさない規格外品」を100%使ったドライフラワーです。花き業界では生産・流通・小売を通じて消費者に届くまでに年間10億本が捨てられていると言われています。また、花き業界にかかわる方は長時間労働や低賃金など労働環境の課題も山積みと言われています。そういった業界を少しでも変え、人や地球にも優しいエシカルな消費を促すためにエシカルフラワーは誕生しました。エシカルフラワーは特別な技法で乾燥させているため、通常のドライフラワーと比較しシワにならず色が生花に近い状態で長く楽しめることも特徴です。
 

 

2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのサブ画像2_エシカルフラワー紹介画像エシカルフラワー紹介画像

■『エシカルな暮らしLAB』とは

フォロワー4万人超のInstagramアカウント「エシカルな暮らし」を運営する株式会社Gab(読み方:ガブ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:山内萌斗)が運営する、エシカルブランドに特化したコミュニティ型の実店舗です。3月6日より売り場を7Fから6Fへ移動しアップサイクルの商品や、オーガニックコスメ、無添加の食品など、人・動物・地球に優しい商品が勢ぞろいし、スタッフが各ブランドの背景や制作のこだわりを丁寧に説明しながら無理なくできるエシカル消費をご提案しております。

■サポーターの皆さまへのお願い

下記のような草花、材木がありましたらお電話かメールにてご連絡いただけますと幸いです。

  • 市場の出荷基準を満たさず「規格外品」として売り先がないもの
  • 草花の剪定の際に摘まれたもの
  • 天候などの気象条件により余剰に生産されやむなく廃棄になってしまう花材
  • イベントや一度装飾に使ってその後使われない花材
  • その他、「使えそうだけど使い道がわからない」「捨てるのはもったいないと思っている」など思い当たるものがありましたらお気軽にご連絡ください

※ご協力いただいたサポーターの方は、お名前を公開させていただいたりインタビューのご協力をご依頼する可能性があります。事前にご了承得た上で掲載させていただくため、お控えになりたい方もサポーターになることは可能です。

■連絡先
メール:[email protected]
電話:03-4546-8363
担当者:琴畑未来

過去参考例

  • 市場の出荷規格に満たず規格外品として廃棄になるバラ、ユーカリ
  • 結婚式の装飾で使用した花材
  • スプレーストックの剪定の際に出た切れ端

2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのサブ画像3_廃棄になる花廃棄になる花

2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのサブ画像4_廃棄になる花廃棄になる花

■会社概要

2/18(土)10:00~『ethical garden プロジェクト』始動!有楽町マルイ“N・E・Oフェス”館内の装飾に向けて花材提供してくださるサポーターを募集しますのサブ画像5

会社名:株式会社ethica(エシカ)
代表取締役CEO:藪中桂佑
設⽴:2022年2⽉8⽇
事業内容:花きのEC販売・オーダーメイド販売、空間装飾、イベント企画

店鋪:ethica lab(エシカラボ)
場所:東京都墨⽥区東駒形1-1-9 蓮⽥ビル1階
店鋪営業時間:12:00~19:00
店舗定休日:月曜日
会社ホームページ:https://ethicalflower.co.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/ethica__official/
 

 

エシカの社名の由来
ethicaの企業名の由来は「ethical」という言葉です。
ではなぜ、語尾の「L」が無いのか。
それは、まだエシカルな社会は実現されていない、本当に豊かな私たちの人生(=Life)はまだ形になっていない、
という思いを表現したものです。
私たちが考えるエシカルとは、「社会」「地球」「人間」の現在と未来に貢献できる活動を行い、
その結果としてサステナブルな世界が実現されることです。
私たちはプロセスとクオリティに妥協することなく、エシカルなビジネス・サービス・プロダクトを生み出していきます。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ先】
TEL:03-4546-8363 (平⽇9:00〜19:00)
メール:[email protected]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください