新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催

0
197
新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のメイン画像

「大人たちが道を作り、子どもたちがその道を切り開いていけるような活動ができれば」

日本発祥の国際医療NGOである特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区 理事長:吉岡春菜)は、2025年に開設する国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」の発表と、医療支援・小児がんへの理解促進を目的に、2023年4月18日(火)に記者説明会とシンポジウムを開催しました。

 

 

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像1_(写真左から)しゅんしゅんクリニックP、吉岡春菜、吉岡秀人、岸谷香、松浦美穂(写真左から)しゅんしゅんクリニックP、吉岡春菜、吉岡秀人、岸谷香、松浦美穂

第一部においては、ジャパンハートで理事長を務める吉岡春菜より、今回のプロジェクトについて「命の格差を無くすためにも、まずは早期診断ができる体制を整え、アジアを代表する小児医療拠点へと拡大していきたいと思っています」と、力強い言葉がありました。続いて、プロジェクトの発起人であるジャパンハートファウンダー・小児外科医の吉岡秀人からは、「医療に限らず、あらゆる場面で大人たちが道を作り、子どもたちがその道を切り開いていけるような活動ができればと思っています」と、このプロジェクトに懸ける強い想いが語られました。

 

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像2

その後、ミュージシャンの岸谷香(きしにたかおり)さん、TWIGGY.主催/クリエイティブ・ディレクターの松浦美穂(まつうらみほ)さん、そして、現役医師芸人しゅんしゅんクリニックPさんが登場。しゅんしゅんクリニックPさんは、以前訪れたジャパンハートのカンボジアの医療現場の実情を語るとともに、「今回のプロジェクトを通じて、カンボジアをはじめ1人でも多くのアジア諸国の子どもたちの命が救われることを願っています」と、新病院に対する期待に胸を膨らませます。

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像3

また、岸谷さんは自身の娘さんをボランティアとして途上国に行かせた経験を踏まえ、「医療従事者でなくても、私たちにできることのヒントがたくさんあると思っているので、色々な場面で(この活動に)賛同する意味があると思っています」とコメント。

さらには、松浦さんはこれまでの活動を振り返りながら、「美容室には多様な人が来て、ボーダーはどこにあるのかをずっと考えてきました。思想や行動にボーダーはないと思うので、私にも美容師としての枠を超えてできることがあるのかもしれないと思い、今回活動に賛同することを決めました」と想いを語りました。第一部の最後には、今回のプロジェクトに賛同したゲスト3名のコミュニケーションボード就任を記念して、理事長の吉岡春菜より名刺が渡され、今後もジャパンハートとともに2025年の開設に向けて活動していくと表明。

続いて行われた第二部のシンポジウムでは、国立国際医療研究センター病院の医師・七野浩之(しちのひろゆき)先生より、小児がんの治療の歴史と今後についての基調講演を実施。日本と低中所得国との生存率格差(サバイバルギャップ)について語りました。続いて、ジャパンハートこども医療センター小児科部長で医師の嘉数真理子(かかずまりこ)による基調講演では、推定患者数の約半数以上が診断されずに命を落としているというカンボジアにおける小児がんの事情を伝えました。

 

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像4_(写真奥)望月理恵。パネルディスカッションの様子(写真奥)望月理恵。パネルディスカッションの様子

その後、「途上国への医療支援の意義と、日本にとっての価値」をテーマに、5名(七野先生、竹内幸史さん、岸谷香さん、松浦美穂さん、吉岡秀人)によるパネルディスカッションが行われました。その中で、七野先生から、「命は平等だと思っていたが、お金が無ければ治療もできないという現実にショックを受けました。そういった課題を解消していくためにも、我々ができることから行動に移していくことが大切です」といった提案が行われると、吉岡先生からは「経済の発展そのものが医療の制度を発展させていくことに繋がり、それこそが特効薬だと思っています」と、両者ならではの視点で途上国の医療課題に向けた考えを述べました。

さらに、実際に世界各国の医療支援を目の当たりにしてきた元朝日新聞記者で国際ジャーナリストの竹内さんは、「日本はメディカルリテラシーが高いが、カンボジアは全くリテラシーがない中で、病院も大変な思いをしています。ハイテクな医療技術を知らない国はまだまだたくさんあるので、日本からの医療輸出についても考えていかなければならないですね」と、今後より開発途上国へ医療を届けていくための提案を展開しました。

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像5

  
最後に、吉岡は「未来の子どもたちに将来を託すこと、それは今の自分たちの行動にかかっています」と改めて自身の考えを述べながら、シンポジウムを締めくくりました。

▼ジャパンハートとは

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像6

2004年、創設者・吉岡秀人(小児外科医)が自身の長年の海外医療の経験をもとに、医療支援活動のさらなる質の向上を目指して設立した「日本発祥の国際医療NGO」。東南アジアを中心とする国内外で、​小児がん手術などの無償の高度医療含む治療を年間約25,000件実施している。

▼寄付募集について

新プロジェクト 2025開設・国際的な無償の小児医療センター「ジャパンハートアジア小児医療センター」イベント開催のサブ画像7

「ジャパンハートアジア小児医療センター」プロジェクトでは、建設に向けてご寄付を受付中です。
こちらから寄せられた寄付は全額、新病院への費用にあてられます。
URL:https://congrant.com/project/japanheart/6152

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください