ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売

0
193
ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のメイン画像

~ホタテを食べようキャンペーン開催! 公式HP掲載『一日一レシピ』でホタテを使ったビーフンのレシピも公開中~

ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村祐輝)は、 弊社直営の中華レストラン「健民ダイニング」で、北海道産のホタテ貝柱を使った海鮮焼ビーフンを9月11日(月)から期間限定で提供します。

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像1_「健民ダイニング」で提供する“海鮮焼ビーフン”「健民ダイニング」で提供する“海鮮焼ビーフン”

今回、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を受け、中国が日本からの水産物の輸入を全面的に停止したことで、北海道をはじめとした全国のホタテ加工事業者などに影響が出ているという報道から、弊社で何かできないかと考え、直営レストランでの提供を実施することにしました。地域産業支援及び地域貢献活動の一環として行います。

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像2

このほか、弊社公式ホームページで運営するレシピコンテンツ『一日一レシピ』でホタテを使ったビーフンのレシピを公開しています。ぜひご家庭でもホタテを使っていただければと考えます。

  • 背景・目的

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像3_出典:財務省貿易統計より 北海道内港からの道産食品の輸出額は2022年には989.3億円 となり、過去最高を記録し、特にホタテが好調であった。 国別輸出先は531億円で全体の2/3となり、中国が最大となっている。出典:財務省貿易統計より 北海道内港からの道産食品の輸出額は2022年には989.3億円 となり、過去最高を記録し、特にホタテが好調であった。 国別輸出先は531億円で全体の2/3となり、中国が最大となっている。

●北海道内の水産業関係者によると、「2022年道内からのホタテ(生、加工品全て含む)の輸出額は618億円。このうち中国向けのホタテの輸出額は448億円を占めます。ホタテの水揚げは10月ごろから年明けにかけて本格化しますが、中国が日本の海産物の全面禁輸に踏み切った影響は計り知れないです。このまま行けば更なる影響は避けられません」と話しています。

 

●2020年、コロナ禍で外食産業がダメージをうけ、水産物の需要が落ち込んだ際に、弊社で何かできることはないかと、北海道のカニを仕入れたことをきっかけに、今回の仕入れ先でもある、札幌商工会議所会員企業の「食材屋えぞ商店」との繋がりが生まれました。

 ●北海道内の水産業関係者からは、「ホタテが中国に輸出できず、地域によっては冷凍庫に余裕がなくなってきている」「突然の処置で行くはずだった自慢のホタテの行き場がない」と悲痛な訴えがあり、弊社でも微力ながらできることはないかと考え、海鮮焼ビーフンのホタテを北海道産ホタテ貝柱にグレードアップするキャンペーンを実施するに至りました。価格は、現在販売している海鮮焼ビーフンの1,080円(税込)で据え置きとします。たくさんの方に、北海道の豊かな自然環境で育った、旨味の凝縮されたホタテを食べていただきたいと考えています。         

●ご家庭でも簡単にホタテを食べられるよう、弊社公式ホームページで運営するレシピコンテンツ『一日一レシピ』でもホタテを使ったビーフンレシピを新たに3つ公開しました。

  • 健民ダイニング提供メニュー内容

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像4

●メニュー:海鮮焼ビーフン

●価  格:1,080円(税込)

●実施期間:9月11日(月)から期間限定で実施

●内  容:北海道の豊かな自然環境で育った、おいしさたっぷり、ごろっと大きな北海道産ホタテ貝柱を使った海鮮焼ビーフンを提供します。

  • ケンミン提案レシピ

●バター醤油で♪ごろっとホタテの焼ビーフン

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像5_バター醤油で♪ごろっとホタテの焼ビーフンバター醤油で♪ごろっとホタテの焼ビーフン

ホタテのバター醤油炒めを焼ビーフンに合わせた逸品!

北海道の豊かな自然環境で育った、おいしさたっぷりのホタテがごろごろ入った贅沢な焼ビーフンです。

トウモロコシは屋台のようにこんがり焼いて甘さを引き出します。

詳細は以下からご確認ください。

https://www.kenmin.co.jp/recipe/52175.html

●ホタテのカルパッチョビーフン

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像6_ホタテのカルパッチョビーフンホタテのカルパッチョビーフン

ホタテは和えるだけで簡単!おもてなしや前菜・冷製パスタにもピッタリなサラダビーフンレシピです。

ビーフンは火を使わず、電子レンジで作ることができます。

国産のホタテは刺身用を使用して、ホタテの甘味を活かしたシンプルなカルパッチョの味付けにしています。

詳細は以下からご確認ください。

https://www.kenmin.co.jp/recipe/52176.html

●ホタテの中華スープビーフン

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像7_ホタテの中華スープビーフンホタテの中華スープビーフン

国産のホタテをどーんと豪快に乗せた中華スープビーフンのレシピです。

冷凍ケンミン焼ビーフンを使えば、お肉や野菜などの具材がたくさん入っているので満足感が得られます。

両面香ばしく焼いたホタテは、ほんの少しだけ調味料で味付けをして、ミディアムレアの状態でホタテ本来の味を堪能できます。

詳細は以下からご確認ください。

https://www.kenmin.co.jp/recipe/52297.html

  • ケンミン食品直営 本格中国料理店 健民ダイニングについて

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像8

神戸元町のケンミン食品本社ビル1階にかまえる、中国料理店「健民ダイニング」。オリジナルビーフン料理と本格中華料理をリーズナブルな価格で提供しています。

詳細は以下からご確認ください。

https://www.k-dining.jp/

  • ケンミン食品とは

ケンミン食品直営の中華レストラン「健民ダイニング」で北海道産のホタテ貝柱を使った“海鮮焼ビーフン”を期間限定で販売のサブ画像9_健民ダイニングで提供しているケンミン自慢の焼ビーフン。  火力を効かせて一気に焼き上げる、当店ならではの炒め感。健民ダイニングで提供しているケンミン自慢の焼ビーフン。  火力を効かせて一気に焼き上げる、当店ならではの炒め感。

1950年神戸創業のビーフンメーカー。国内ビーフン市場の約50%のシェアで日本一。創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。2018年地域未来牽引企業、2020年ひょうごオンリーワン企業に認定。明治安田生命J1リーグヴィッセル神戸のオフィシャルスポンサー。J2リーグ藤枝MYFCユニフォーム・パンツパートナー。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください