「BiVi新さっぽろ」2023年秋オープン(ニュースレター) 

0
256
「BiVi新さっぽろ」2023年秋オープン(ニュースレター) のメイン画像

JR新札幌駅・札幌市営地下鉄新さっぽろ駅に直結

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:北 哲弥)は、札幌市厚別区に複合商業施設「BiVi新さっぽろ」を2023年秋にオープンします。

 「BiVi新さっぽろ」は、JR新札幌駅や札幌市営地下鉄新さっぽろ駅、新札幌バスターミナルといった交通結節点に立地。「GREEN BASE FOR FINE DAYS」をコンセプトに館内には、木や公園をモチーフにした自然に満たされた空間をデザインしました。「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の最後の施設として、新さっぽろエリアを生活の拠点とする一人ひとりの日常に輝きを提供する施設を目指します。

「BiVi新さっぽろ」2023年秋オープン(ニュースレター) のサブ画像1_「BiVi新さっぽろ」完成予想パース※イメージであり実際とは異なる場合があります。「BiVi新さっぽろ」完成予想パース※イメージであり実際とは異なる場合があります。

■施設概要 

施設名称:BiVi新さっぽろ

場所:北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目3番3号

敷地面積:10,743.24㎡

延床面積:20,165.95㎡

構造規模:鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造 地下2階地上4階(商業フロアのみ)

テナント構成:飲食・物販・サービスなど

施設用途:商業施設

駐車場台数:690台(共用駐車場)

駐輪場台数:650台以上

ホームページ:https://www.e-bivi.com/shin-sapporo/

■本事業に関連するSDGsゴール

「BiVi新さっぽろ」2023年秋オープン(ニュースレター) のサブ画像2

 今後、上記以外のゴール達成を目指し、さまざまな取り組みを行っていきます。

■BiViについて

 「BiVi(ビビ)」は大和リースが全国展開している商業施設のブランド名称です。訪れてくださるお客さまが足を運ぶたびに新しい喜び・驚きがある場所、何度も幸せになる場所でありたいという思いから、「光り輝き(Brilliant)生き生き(Vivid)することができる都市型商業施設」を目指しています。 BiVi新さっぽろは、全国で12ヶ所目の施設です。

BiVi新さっぽろ(北海道)

BiVi藤枝(静岡) 

BiVi仙台駅東口(宮城)     

BiVi二条(京都)

BiViつくば(茨城)     

BiVi千里山(大阪)     

BiVi八潮(埼玉)     

BiVi土山(兵庫)     

BiVi南千住(東京)    

BiVi福岡(福岡)     

BiVi沼津(静岡)     

BiVi日出(大分)

  

■マールク新さっぽろについて

 「マールク新さっぽろ」は「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の名称です。商業、ホテル、予防医療・地域医療、タワーマンション、子育て、産学連携、教育の7つの成長エンジンを備えたまちづくりプロジェクトです。
ホームページ:https://maaruku.jp/

■アクセスマップ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください