海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 

0
638
海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 のメイン画像

2021年7月22日【場所】海テラスゆら・磯の風

海と食の地域モデルin庄内浜実行委員会は、食を通じて海の課題を考える活動の一環として、7月24日に「庄内浜の鯛だし麺」キャンペーンを開始いたしました。そのキックオフイベントとして、7月22日(海の日)に「庄内浜の鯛だし麺」の試食会を開催し、地元の人に身近な海を知ってもらうと共に、今海で起きている課題に目を向けるよう呼びかけました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 のサブ画像1

イベント概要
・開催概要:庄内浜の鯛だし麺試食会並びに「天然印 庄内浜テロワール」の説明
・日程:7月22日
・開催場所:海テラスゆら・磯の風
・参加人数:30人
・協力団体:海洋ごみバスターズin山形実行委員会 海と日本プロジェクトin山形実行委員会

キャンペーン「天然印 庄内浜テロワール」
当日は通年で行われるキャンペーン「天然印 庄内浜テロワール」について、海と食の地域モデルin庄内浜の齋藤勝三会長が説明。今多くの人が海に目をむけなくなっていることに触れ、「浜の食文化に触れることで旬の海に目を向け、海の恵みを将来につなげていきたい」とキャンペーンにかける思いを語りました。

海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 のサブ画像2

「庄内浜の鯛だし麺」を試食~食から海の課題を見つめる~
「天然印 庄内浜テロワール」の目玉である「庄内浜の鯛だし麺」は新たなご当地グルメとして定番化しつつあります。昨年度、「天然印 庄内浜テロワール」の前身の「トトタベローネ庄内浜」として店舗に参加を求め25店舗が参加しましたが、今年はそれを上回る32店舗が参加することとなりました。
「スープの出汁に庄内産の天然鯛を使用する」「鯛の色であるピンクのものを取り入れる」「海藻をトッピングする」の3箇条を満たす事で認定されるこの「庄内浜の鯛だし麺」には、海の課題が記載されたランチョンマットやうちわがセットで提供されます。齋藤会長はこのメニューをフックに海への関心を高めてもらいたいと思いを述べました。
試食会では、参加店舗のひとつ「らーめんみさと」の冷たいラーメンの「庄内浜の鯛だし麵」が提供され、地域住民など訪れた人は「鯛のだしが効いておいしい」「海を身近に感じられた」などと感想を口にしていました。

海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 のサブ画像3

団体概要
団体名称 :海と食の地域モデルin庄内浜実行委員会
本社所在地  :山形県山形市白山1-11-33
電話番号:023-624-8117
代表理事:齋藤勝三
設立 :2021年4月1日

海の日に食の地産地消「庄内浜の鯛だし麺」試食会を開催 のサブ画像4

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください